豚の試験説明
私たちは6つの豚肉のピースに感覚テストを行いました。これらのピースのうち5つはさまざまな方法で冷凍され、1つは新鮮な豚肉で、新鮮な豚肉の品質の基準として機能しました。主要な肉切り身は豚肩肉で、テストには市販の冷凍パックも含まれていました。解凍プロセスは、冷凍豚肉を4°Cの冷蔵庫で一晩放置し、その後オーブンで調理する方法で行われました。
豚肉サンプルと方法の概要
サンプル1: 新鮮な豚肩肉(新鮮)
サンプル 2: ブラスト冷凍による従来の豚肩肉凍結(ブラスト))
サンプル 3: Agrifreeze冷凍を使用して凍結し、Agrifreezeテクノロジーで解凍された豚肩肉(AGRI THAW)
サンプル 4: Agrifreeze冷凍前にAgrifreezeテクノロジーを使用して柔らかくした豚肩肉(AGRI TENDER)
サンプル 5: Agrifreeze冷凍前にAgrifreezeテクノロジーを使用して柔らかくした豚肩肉
(AGRI)
サンプル 6: 市販の冷凍豚肉(X)


水分レベル
ドリップロスに関して、新鮮な豚肉(サンプル1)とAgrifreeze豚肉(サンプル3、4、5)は類似した量を示しましたが、ブラスト冷凍豚肉(サンプル2)はより多くの液体を放出しました。

市販の冷凍豚肉(X)(サンプル6)は、調理前にすでに包装内のすべての水分が残っていたため、調理後にほとんど液体を放出しませんでした。さらに、タンパク質の滲出を示す白色/薄茶色の斑点が見られました。非常に低品質です

特筆すべきは、サンプル5(冷凍前にAgrifreezeで柔らかくした肉)が著しく低いドリップロスを示し、これはより高い水分保持に起因しています



サンプル 1: 新鮮
サンプル 4: AGRI TENDER
サンプル3: AGRI THAW
サンプル 4: AGRI TENDER
サンプル 6: 市販の冷凍豚肉(X)
サンプル 2:
ブラストフリーザー
サンプル 5: AGRI
サンプル 2:
ブラストフリーザー

豚肉サンプル

食感
水分
合計
サンプル1: 新鮮な豚肩肉 (新鮮)
非常に良い
非常に良い
非常に良い
サンプル2: ブラストフリーザーを使用して従来の方法で凍結された豚肩肉(ブラストフリーザー
普通
悪い
悪い
サンプル3: Agrifreeze冷凍を使用して凍結し、Agrifreezeテクノロジーで解凍した豚肩肉(AGRI THAW)
良い
良い
良い
サンプル4: Agrifreeze冷凍前にAgrifreezeテクノロジーを使用して柔らかくした豚肩肉(AGRI TENDER)
非常に良い
非常に良い
非常に良い
サンプル5: Agrifreezeテクノロジーを使用してAgrifreeze冷凍前に柔らかくした豚肩肉(AGRI)
良い
良い
良い
サンプル6: 市販の冷凍豚肉(X)
非常に悪い
非常に悪い
非常に悪い
感覚テストの判決
冷凍方法の比較では、Agrifreeze冷凍豚肉(サンプル3)は味、食感、水分において新鮮な豚肉(サンプル1)に近い結果を示しました。

ブラスト冷凍豚肉(サンプル2)とAgrifreeze豚肉(サンプル5)の比較では、後者がより高い水分とわずかに良い食感を示しました。

市販の冷凍豚肉(サンプル6)は非常に乾燥しており、味、食感、全体の品質が低いとされました。

豚のサンプルの中で、豚肩肉がAgrifreezeを使用して凍結前に柔らかくなったサンプル4が最も柔らかく、湿潤度が高いと評価されました。

ドリップロスに関して、新鮮な豚肉(サンプル1)とAgrifreeze豚肉(サンプル3、4、5)は類似した量を示しましたが、ブラスト冷凍豚肉(サンプル2)はより多いドリップを示しました。

市販の冷凍豚肉(サンプル6)は調理後にほとんど液体を放出せず、調理前から既にパッケージ内に水分が残っていたため、たんぱく質の滲出を示す白色/薄茶色の斑点が見られました。非常に低品質です。

特筆すべきは、Agrifreezeを使用して凍結前に肉を柔らかくしたサンプル5が、湿潤度が高いために著しく低いドリップロスを示したことです。
感覚テストの結論
1. Agrifreezeを使用して冷凍された豚肉は、調理後に新鮮な豚肉の味に近いものでした。

2. Agrifreeze冷凍豚肉は、ブラスト冷凍豚肉よりも味が良く、新鮮な豚肉と比較していくつかの味の違いがありました。

3. Agrifreeze冷凍前に豚肉を柔らかくすることは、サンプルの中で最も優れた結果をもたらします。